光回線のない田舎暮らししてるぼくの通信回線契約まとめ(2017年11月現在)

スポンサーリンク

静岡県島田市の川根町というところに地域おこし協力隊として移住して1年半。

いまだに光回線は川根まで届いていません(笑)

そんなところで「いなかブロガー」やってますリョータロー(@ryotaromm)です。

引っ越して来てから色んな回線を試してきました。

その数8事業者!

そして現在はスマホも含めて3つの回線を契約しています。

WiMAX(メインのネット回線)

スクリーンショット 2017 11 08 23 01 36

BIGLOBE WiMAX 2+

月額:4733円

メインに使っているのはWiMAX。

自宅以外でも外出先や会合などの打ち合わせの時にも使うことができます。

ワイヤレスって自由だ。

月の通信料に制限がない、というのがなによりのメリット。

通信制限ありますが、普段使う上ではまったく問題になりません。

回線が混み合っている時間帯に動画見ようとするとちょっともたつくことがあります。

また、建物の奥まった場所では電波の入りが悪いといったデメリットを補うために、ぼくは次のサブ回線も契約しています。

民泊レンタルWi-Fi(サブ回線)

民泊レンタルWi-Fi™ – 民泊・Airbnbに最適なWi-Fiルーター

SoftBankの回線です。

月額:4860円

月に50GBを超えるような使い方を繰り返すと通信制限がかかります。

気をつけたいのが「速度制限」ではなく「通信制限」である点。

通常、使いすぎると通信速度が激遅になるという制限がかかることが多いです。

しかし、ぼくが使っている民泊レンタルWi-Fiは完全に通信できなくなります。

ぼくは自宅にテレビがなくて映画なんかをAmazonプライムの動画見放題でまかなっています。

加えて、onedriveなどのクラウドストレージも使っているので、月に100GBを超えることがしょっちゅうあります。

WiMAXのエリア外で通信したい時と、一時的に高速の通信をしたいとき用のサブ回線です。

LINEモバイル(スマホ回線)

スクリーンショット 2017 11 08 23 06 14
LINEモバイル

docomoの回線。

月額:3000円(だいたい)

月の通信料5GBのSNS使い放題ブランを契約しています。

よっぽどのことがない限りはデザリングは使わないので、純粋にスマホだけで使っています。

通話は「いつでも電話」というLINEのサービスで半額に。

ぼくは「いつでも電話」だけで間に合ってますが、ラインモバイルは他にも「電話かけ放題」のプランもあります。

電話でのやりとりが多い田舎でも安心。

おわりに

光回線が来ていない川根ですが、もう数年で開通しそう。

そしたらWiMAXは解約する予定です。

民泊レンタルWiFiも解約して、外出時はLINEモバイルでデザリングでもいいかもです。

光回線が来たらインターネット環境はひと安心。

田舎ならではの「通話料がやたらかさむ」問題についてはまた別記事にしますね(笑)

はやくこいこい光回線!!

毎週土曜の昼下がりに「りょたろぐ」の1週間分の更新通知を届けるメルマガ

はじめました。

下のフォームから名前とメールアドレスを登録すると
アドレス宛に1週間分の更新通知をお届けします。

「りょたろぐ」更新通知メルマガ
姓名* (姓)(名)
メールアドレス*

メルマガ同様「LINE@」でも1週間分の更新通知をまとめて送信中!

「メールめんどい。LINEがいいわ。」

って人は「りょたろぐ」のLINE@のご登録を!

友だち追加