島田市図書館の広報誌に「おすすめの一冊」を寄稿!やっぱり100文字書評は難しいよ…。

スポンサーリンク

島田市の広報誌の「図書館だより」のコーナーにリョータローのオススメの一冊が掲載されたのでご報告。

100文字というぼくにとってはめっちゃ厳しい文字制限の中でもがいた成果を島田市民のみなさんに露呈しました(笑)

▼過去記事はこちら

広報誌から抜粋!

島田市図書館 私のおすすめの一冊 村松遼太郎

地方を変えるのは「住んでいるぼくら」しかいないんです。

それに必要なのは「お金を稼ぐ」という発想。

非営利やボランティアでは限界です。

そんな今まで誰も言わなかったことをズバッと言ってくれる一冊です。

世界を変えたいなら、まず自分から。

▼ぼくのおすすめの一冊です。

ちなみに前半部分カットされる前の原文はこちら(189文字)

ぼくは地域おこし協力隊。川根地域に住みこんで地域活性化に取組んでます。

「この先、地方は生きのびられるの?」「行政は何をしてるんだ!」

ごもっともごもっとも。

でも地方を変えるのは「住んでいるぼくら」しかいないんです。それに必要なのは「お金を稼ぐ」という発想。非営利やボランティアでは限界です。

そんな今まで誰も言わなかったことをズバッと言ってくれる本。世界を変えたいならまず自分から。

「100文字で」って言われてるのに89%もオーバーした原稿を送ったのはぼくです(笑)

島田市図書館のOさんゴメンナサイ(笑)

田舎に来て紙の本から電子書籍Kindleへ依存気味

川根図書館は小学校と併設。正直、一般的な市民図書館と比べると小規模です。

農業や狩猟関係の書籍は充実してますが(笑)

川根にあった唯一の本屋さんが8月末で閉店してしまいました。

田舎に移住して紙の本が縁遠くなってしまいました。

仕事終わりに本屋によって立ち読みして2、3冊買ってくるなんてこともできなくなってしまいます。

と、いうことで最近は電子書籍Kindle 依存率が高くなってきております。

月額980円で読み放題という「Kindle Unlimited」にも登録してしまいました(笑)

e-インクが目に優しい、Kindle専用端末「Kindle Paperwhite」も活躍中。

Amazonプライム会員にも入ってるのでかなり安く買えた

▼愛用のKindle。「キャンペーン情報なし」バージョンがおすすめ。

▼過去記事はこちら

毎週土曜の昼下がりに「りょたろぐ」の1週間分の更新通知を届けるメルマガ

はじめました。

下のフォームから名前とメールアドレスを登録すると
アドレス宛に1週間分の更新通知をお届けします。

「りょたろぐ」更新通知メルマガ
姓名* (姓)(名)
メールアドレス*

メルマガ同様「LINE@」でも1週間分の更新通知をまとめて送信中!

「メールめんどい。LINEがいいわ。」

って人は「りょたろぐ」のLINE@のご登録を!

友だち追加