狩猟を仕事に!静岡県の「プロハンター」制度はどれくらい進んでいるのか?

スポンサーリンク

ちょっと前のニュースですがご紹介します。

静岡県の「プロハンター」育成が今年度(2015)から進んでいるみたいです。

将来的に、専門レベルに達した狩猟者がプロハンターとして一定程度の収入が得られる環境整備を目指す。

本当にそうなったらいいですねー。

プロハンター 育成へ環境整備 新年度から静岡県|静岡新聞アットエス

「プロハンター」育成へ環境整備 新年度から静岡県|静岡新聞アットエス

ハンターの高齢化

狩猟免許所持者の7割が60歳以上とされ…(省略)

県自然保護課によると、13年度の県内の狩猟免許所持者数(網猟、わな猟、銃猟の合計)は6815人。

単純計算ですが、静岡県内の60歳未満の狩猟免許所持者は2千人ちょっとですね。

その中で同じ地域で同世代のハンターに出会える確率と考えると寂しいことになりそうです…。

ただ、60歳以上でも現役バリバリの方のほうが多い気がします。

▼この人とか年間400頭もシカとってます。

守り捕らえ活かす 凄腕プロハンター 早川五男 全国農業新聞

守り捕らえ活かす■13□ 凄腕プロハンター 早川五男…‐全国農業新聞

ハンパじゃない数ですよ!!

1日平均で1頭以上とってる(笑)

猟に出ない日を考えたらもっととってる計算ですからね。

で、ハンター制度は今どんな感じなのか?

「静岡県 プロハンター」で検索してもほとんど情報が出てきません。

この事業なんて名前で進められているのでしょう?

ハンターにランクをつけるなんて、中二病にはたまらん設定ですけど(笑)

「ハンターライセンス」という名のカードが発行されたりしたら、もうよだれ出ちゃいますけど(笑)

若者をどうやって呼び込むのか?

けっきょくこれにつきるんです。

だってハンターになるメリットって若者にはないですもん。

狩猟免許とって猟友会入ってハンターのスキルを磨いてプロになることを考えたら、会社でそこそこの給料もらってスーパーで豚コマ肉買う方が圧倒的に効率的ですし。

銃や罠にもコストがかかりますし、狩猟免許の更新や登録も費用が必要なので、そこそこいい金額払い続けることになります。

イニシャルコストもランニングコストもかかるので、気軽に手を出せないんです。

「仕事」でやるには効率悪いし、「趣味」でやるにはハードル高いんですよね。

おわりに

今回、狩猟について色々と調べていますが、ネットで情報が出てこないんですよね。

それだけニーズがないってことなんでしょうけど…。

ハンターで生計を立てられる「仕組み」が必要なんでしょうね。

毎週土曜の昼下がりに「りょたろぐ」の1週間分の更新通知を届けるメルマガ

はじめました。

下のフォームから名前とメールアドレスを登録すると
アドレス宛に1週間分の更新通知をお届けします。

「りょたろぐ」更新通知メルマガ
姓名* (姓)(名)
メールアドレス*

メルマガ同様「LINE@」でも1週間分の更新通知をまとめて送信中!

「メールめんどい。LINEがいいわ。」

って人は「りょたろぐ」のLINE@のご登録を!

友だち追加