LOVE川根茶!川根本町久野脇で縁カフェ「Fun-vie」。お茶ワークショップで飲み比べ体験!

スポンサーリンク

5月にオープンした久野脇の縁カフェ「Fun-vie」に行ってきました!

縁カフェの運営をしている「半Uターン」の大窪成子さんにお話をうかがいました。

もちろんワークショップも体験!お湯の温度でお茶の味がどう変わるのかを体験できます。

詳細

160826 fun vie 取材 久野脇w 大窪成子 007

大井川鉄道「塩郷駅」の対岸にある、川根街道の本流から少しそれた「久野脇(くのわき)地区」は、知る人ぞ知る川根茶栽培の好条件に恵まれた一等地!

ここ久野脇に生まれ、川根茶の生産から販売までを知り尽くし、川根茶道65年の”職人”松下勝利監修の「くのわき製茶工場」の一番美味しい煎茶を提供させていただきます。

塩郷駅→吊り橋→くのわき親水公園キャンプ場から佐沢薬師堂までのハイキングコースの途中に位置しています。

この絶景と空気の中で

美味しいお茶をご自分で淹れて

川根・久野脇の時間をくつろいでください。

お茶の新しい発見で楽しめることご期待ください♪

「美味しいお茶を、おうちでも美味しく淹れられるように」をコンセプトに゛おうちカフェ”の提案をしています。

普段使いのお茶とは別に、もう一つ人生を楽しむためのツールとして上級煎茶の買い置きをオススメします。

縁カフェ”Fun-vie” 」ワークショップ型カフェ

お茶の温度による飲み比べを体験!

160826 fun vie 取材 久野脇w 大窪成子 003

ワークショップのメニューはこんな感じ!

  • 温度で飲み比べ

  • すすり茶

  • 食べるお茶

全部あわせて1回700円で楽しめます。

大窪さんとのお話こみで1〜2時間くらいはのんびりできますね。

温度で飲み比べ

160826 fun vie 取材 久野脇w 大窪成子 001

一煎目は60度

ニ煎目は70度

三煎目は80度

でいただきました!

茶葉の量、お湯の量、温度、抽出時間をキチンと管理してお茶を楽しむのでビーカーや温度計、タイマーといったグッズを使います。

お茶の甘み成分(テアニン)はお湯の温度にあまり左右されませんが、苦味(カフェイン)や渋み成分(カテキン)はお湯の温度が高くなると溶け出すのが増えるそうです。

なので、冷茶は苦味や渋みが抑えられて甘みが引き立ち、高温で淹れると苦味や渋みが甘味を上まわるんだそうです!

経験的には知ってても理論が乗っかると「なるほど」感がありますね!

▼大窪さんが手書きの図で教えてくれましたが写真撮るの忘れたので「かねじょう佐々木製茶」のブログから拝借。

Image 1

すすり茶

茶葉をお水に浸けてゆっくり5分。

お茶を出してそのまま器からすする、「すすり茶」。

お茶の甘味や旨味がダイレクトに楽しめます。

器ひとつと水だけでお茶を楽しめるシンプルながらもオツな方法。

食べるお茶

最後は戻った茶葉をポン酢でいただきます。

うん、まちがいないヤツだな、これ。

「ちょっといいお茶」のあるライフスタイル

160826 fun vie 取材 久野脇w 大窪成子 005

お茶屋さんで売ってるお茶にはグレードがあって一番安いのがいわゆる普段用の「のみ茶」。

それから徐々に高級ラインになって「贈答用」だったりするんです。

でも、正直言って「いいお茶」もらってもどうしたらいいかわからない人が多い。

そんな消費者の目線から大窪さんが考えて、日本茶アドバイザーとして「いいお茶をライフスタイルにどう取り入れるか?」を提案してるワークショップ。

それとは別に、「きょうはちょっとのんびりしてプチ贅沢しよう」というコンセプトの「おうちカフェ」という楽しみ方を教えてくれます。

ぼくもお茶は「情緒性飲料」だと思ってますので、めっちゃ共感!!

ちなみに「Fun-vie」はフランス語で「人生楽しく」

「半Uターン」して日本茶アドバイザーとして久野脇で「Fun-vie」を始める

160826 fun vie 取材 久野脇w 大窪成子 002

もともとのご実家の一角を縁カフェ「Fun-vie」としてオープンした大窪さん。

35年くらい地元を離れていましたが、久野脇に帰ってきてその魅力を再確認。

川根茶の中でも土や気候条件がいい久野脇のお茶をつかって地域のために何かできないかと思いこのカフェをオープンしたそうです。

ぼくみたいに地域おこし協力隊という肩書きがあるわけでもなければ、誰かに頼まれたわけでもない。

自分の好きなことと、地域への貢献をマッチングするエネルギーってすばらしいな、と思うわけです。

地域おこし協力隊のぼくもそれくらいの熱量持てよ、って話なんですが(笑)

縁カフェ「fun-vie」は予約制

営業日:基本的に土日のみ(金曜や月曜なら場合によって対応可)。雨天、冬季は休業

住所:〒428-0315 川根本町久野脇476-2静岡県榛原郡久野脇476-2

予約:090-2349-9281

「Fun-vie」に予約の電話する

アクセス:大井川鉄道「塩郷駅」下車。「塩郷の吊り橋」もしくは「塩郷ダム」をわたって「くのわき親水公園キャンプ場」そばを通って脇道へ。

▼最近情報や営業日の確認はFacebookページから!

お茶について考える日々

おいしい川根茶を飲みたいと言うより、飲ませて「うまい」と言わせたい。「情緒性飲料」としての緑茶。 – りょたろぐ

「お茶の仕事を体験したい!」という飛び込みガチ勢と出会う。川根には中級レベルのスキルを磨く受け皿がないんじゃないかと。 – りょたろぐ

全国の地域おこし協力隊のみなさまへ!川根の新茶できましたので物々交換しませんか? – りょたろぐ

毎週土曜の昼下がりに「りょたろぐ」の1週間分の更新通知を届けるメルマガ

はじめました。

下のフォームから名前とメールアドレスを登録すると
アドレス宛に1週間分の更新通知をお届けします。

「りょたろぐ」更新通知メルマガ
姓名* (姓)(名)
メールアドレス*

メルマガ同様「LINE@」でも1週間分の更新通知をまとめて送信中!

「メールめんどい。LINEがいいわ。」

って人は「りょたろぐ」のLINE@のご登録を!

友だち追加