島田市移住ポータルサイト「住んでごしまだ」が公開!地域おこし協力隊の手作りホームページだよ。

静岡県島田市に移住をお考えのみなさま!

とくに島田市じゃなくてもいいから田舎暮らしをしたいというみなさま!

おまたせしました!

ぼくら川根地区地域おこし協力隊(かわおこ隊)の二人がつくる移住定住支援ポータルサイト「住んでごしまだ」が6月1日にオープンしました!

「住んでごしまだ」を見てご。

「住んでごしまだ」とは?

「〜してご」とは静岡県の方言で「〜してみてごらん」というニュアンスの言葉です。

なので「住んでごしまだ」とは、「島田に住んでごらん」という意味ですね。

そうですね。前回テストに出ましたね。

地域おこし協力隊が作ったっていっても結局は業者委託でしょ?

「地域おこし協力隊がつくったホームページ」とか言うと。

まるでぼくらがコード書いてアップしてるように思われるかもしれません。

いや、実際コードから書いてます(笑)

一般的に業者委託するんでしょうけど、完全手作りのサイトです(笑)

かわおこ隊には佐藤さんという 元エンジニアがおりますので、実際にHTMLやらPHPやらCSSやらをいじっております。

ぼくもググっては、訳も分からずコピペしてます(笑)

たまに佐藤さんがぼくが書いたやつをガツッと修正してくれます…。

新しい移住サイトのポイント2つ!

島田市の空き家バンクと民間不動団会社の物件を同時に検索できる「住んでご不動産バンク」!

「住んでごしまだ」では行政の行う空き家バンクと民間不動産業者の扱う物件を同時に検索できる「住んでご不動産バンク」がメインの目玉です!

ありそうでなかったこの仕組み!

サイトオープンしたばかりなので、まだまだ公開している物件数は控えめです(笑)

地域おこし協力隊が移住者目線でつくる!

いわゆる「よそもの視点」で移住に必要な情報ってなんだろう?というポイントでサイトをつくってます。

とはいっても、まだまだコンテンツの内容はうっすいので、これからどんどん増やしていきたいところですね。

いまのところ作成中のページとしては2テーマほど準備しております。

ベタですが、「移住者インタビュー・対談」。

ゆるキャラ「チャリムくん」が移住するプロセスを追いかけるドキュメント「移住計画のススメ」。

この辺りをしこんでおるところなので、ご期待ください。おもしろいです←

ホームページやサイトは作っておわりではなく「運営」が肝心!

さてさてサイトも立ち上がったのでひと段落…ではないわ!!

やっとスタートラインに立ったばかりです!

サイトも施設なんかと同じで「つくっておわり」じゃないんですよ!

それじゃあいわゆる「ハコモノ」と同じです。

ホームページつくっとけば勝手に情報発信してくれると思ってる人が多すぎる!

ホームページやらブログやらは情報発信のためのツールでしかありません!

肝心なのはその発信する「情報」!!

そして発信を続けること!

さらにその発信された情報を必要な人に届けること!←特にこれ!

地域おこし協力隊として島田市川根町に移住してから情報発信情報発信と言われてます。

が!これだけネット上に情報が溢れてる時代にさらに薄っぺらい情報をネットに流したところで、見てもらえません。

というか、ユーザー側からしたら見る価値なし!

「価値のある情報を発信すること」

「必要な人に情報を届けるチャネルをつくること」

これね!

おわりに

すいません。えらそうな事言いました。

ぼくのブログもしょぼいもんです。

もっとメディアというものを研究したいなー。

地域の人と一緒にローカルメディアをつくって育てたいなー。

なんてぼんやりした夢ももってます。

でも、今はとにかく「書く」!!!

いろいろ書く!

移住サイト「住んでごしまだ」の成長はこれからはじまります!

「住んでごしまだ」を見てご。