Amazonプライム使い倒し!「kindle paperwhite」が4000円引きで手に入った!

kindle paperwhite外箱

Amazonプライムの無料期間が終わって自動的に有料会員になっているリョータローです。

「こうなったらAmazonプライム使い倒したんねん!年間3900円の元とったんねん!」

と心に決めてkindle paperwhiteを注文しました。

プライム会員だと4000円引きになりました。

もう元が取れました。わお。

 

「kindle」ってなんだ?

Kindle Paperwhite 最高の読書体験 そのための電子書籍リーダー

電子書籍はかさばらないので、部屋のスペースを占領してしまうことはなく、また好きな本を好きなだけいつでも持ち歩くことができます。またAmazonで購入したKindle本(電子書籍)はすべてクラウドに保存されるので、なくしてしまうことはありません。

Kindleはワイヤレス接続で簡単に電子書籍をダウンロードできる、持ち運びに便利な電子書籍リーダーです。

本物のインクを使用した目に優しいe-ink スクリーンを採用し、紙と同じ感覚で快適な読書が体験できるよう開発に努めました。Kindleなら明るい日差しの中でも、反射を気にせず読書を楽しむことができます。

Kindleは読書中に端末の存在を感じさせず、物語の世界に没頭できるように設計されています。一般的な文庫本程度の薄さで、非常に軽いにも関わらず、数千冊の本を保存でき(一般的な書籍の場合)、お気に入りの本をいつも持ち歩けます。また、長時間バッテリーを採用しているため、一回の充電で数週間読書を楽しむことができます(ワイヤレスオフ、一日30分使用の場合)。内蔵のWi-Fi経由で簡単に新しい本をKindleに直接ダウンロードすることができます。ソフトウェアのインストールや複雑な設定は不要で、PC を使う必要もありません。

公式サイトより

ぼくが今回買ったのはkindle端末の中で「kindle paperwhite」というやつです。

Amazonプライムで毎月1冊無料でkindle本がダウンロードできる「kindleオーナーライブラリー」が使えます。

最近バージョンアップしたばかりで、上位機と遜色なくなってきました。これは買いです。

Kindle Paperwhite kindle比較

詳細はコチラ↓

 

届きましたよ!

▼「kindle paperwhite」です!!

IMG 1923

さすがはAmazonプライム!

くるのが早い!

Amazonプライムの登録はコチラ↓

Amazonプライム

「開封の儀」をはじめようぞ!

さっそく開封しましょう!ワクワクしますね!

▼箱はこんな感じで2重になっています。キャラメルの箱方式です。

IMG 1925

 

▼中に入っているのは…

  • kindle paperwhite本体
  • USB microケーブル
  • 説明書2冊
IMG 1928

 

▼説明書の内容はこれですべてです。他のページは他言語で同じことが書いてあるようです。

IMG 1929 IMG 1930

 

▼こちらがkindle本体。まずビックリするのが、これ、電源が入っていない状態で表示されているんです。シートが貼ってあるわけではないんですよ!

ディスプレイに使われている「e-ink」は表示しているだけならほとんどバッテリーを消費しないそうです。

IMG 1933

 

▼電源ボタン押すと起動します!

IMG 1939

 

▼言語選んであとはナビゲーションに沿って進めましょう!

IMG 1940

 

サイズ感を比較してみる。

kindle paperwhiteのサイズ感について。

初めて持った感想は「思ったより小さい」です。

ぼく今までネクサス7にkindleアプリをダウンロードして使っていました。

nexus7よりは小さいらしいことは知っていましたし、実際比べるとそんなに差がないように思いますが、手に持ってみると「けっこう違うな」という印象です。

 

▼nexus7と比べてみました。

横幅はほとんど同じですが、縦が短い感じですね。

IMG 1936

 

▼iPhone5sと比べてみました。

IMG 20151130 142405

iPhone5sはズボンの前ポケットに入れても全く気になりません。

そんなiPhone5sと比べると、さすがにかなり差がでますが、kindleもズボンの後ろポケットに収まるサイズです。

 

▼iPhone5sの縦幅よりはkindleの横幅がすこし短いくらいですね。

並べてみるとiPhone5sを2.8個分くらいです。

IMG 20151130 142428

 

▼文庫本、新書、単行本と比べてみました。

文庫本と新書の間くらいの大きさでしょうか?

IMG 1951

 

▼文庫本と重ねるとkindleの方がわずかに大きいくらいなんですね。

そう考えるとけっこう小さいです。

IMG 1954

文庫本を持ち歩いていて、苦痛を感じていないなら、kindleを持ち運んでも困ることはなさそうですね。

厚みもiPhoneやnexus7とほとんど変わりません。

文庫本(「こころ」夏目漱石)よりも薄いですね。

30分くらい片手で読書しても腕が疲れることはありませんでした。

公式サイトによると205gだそうです。

ちなみにロレックスの腕時計は200g超えるものもあるそうです。

(もちろんぼくはロレックスに触ったこともありませんが)

そんなものを腕に巻きつけて生活している人もいるくらいなので、kindle paperwhiteが205gだと聞いても大したことないように思います。

ほかに200gのものですとリンゴ1個がそれくらいみたいです。

キティちゃんの体重がリンゴ3個分なので、キティちゃん1/3くらいですね。

(もちろんぼくはキティちゃんに触ったこともありませんが)

 

おわりに

さっそくkindle paperwhiteで本やマンガを読んでます。

さすが電子書籍専用端末なだけありますね!

めちゃくちゃ読みやすい!

動作がもっさりしてるという話を聞いていたので気になっていましたが、ストレスを感じるほどではありません。

いい買いものでした!

これでkindle本読み散らかしてやるから!!
Amazonプライムの登録はコチラ↓
Amazonプライム

kindle paperwhiteの詳細はコチラ↓

 

 

kindle paperwhite外箱